有料老人ホームのメリットとサービスについて

有料老人ホームには種類があります。介護付き有料老人ホームと住宅型老人ホームと健康型老人ホームです。住宅型介護老人ホームは介護が必要になった場合に引き続き介護サービスを受けながら施設でサービスを受けることができます。健康型は一人暮らしに不安を感じる人や高齢者の仲間と老後を楽しみたい方が入居できる施設です。介護が必要になったら退去しないといけません。有料老人ホームに入居するには費用がかかります。かかる費用は入居一時金、老人ホームの月額費用、介護保険自己負担金、上乗せ介護料、個別契約サービス料などです。

入居一時金は退去した場合に償却されてない金額は返還されることになっています。入居一時金は保全義務があり、500万円か返済債務残高のうち低い方の全額を保全しないといけません。優良老人ホームの契約では、クーリングオフの制度があり契約から90日以内の契約は解除できます。その場合は入居一時金も返還されます。介護保険自己負担金は、介護保険を利用した場合は1割が自己負担額です。個別契約サービス料とは、別途に契約するサービスのことです。個人の必要度に合ったプランです。食事も介助が必要な人と必要でない人の場合やオムツを使用している人もいますから、全員が同じ金額では不平等になってしまいます。介護を必要とする度合いが強くなるほど個別契約サービス料が高くなってしまいます。また趣味や買い物に付き添ってもらいたい場合も個別契約サービス料が必要になります。

有料老人ホームを選ぶ時に注意することは、自分が入居する目的を明確にしておくことです。また、有料老人ホームの契約内容は老人ホームによって様々なのでたくさんの情報を探して、比較検討することです。また老人ホームの立地も大切です。入居後にトラブルが生じることもありますから、入居後も家族が頻繁に訪問して状況をみるようにしましょう。事前に入居したい施設にも情報公開をしてもらいましょう。有料老人ホームを選ぶ時は、家族も同行して見学をしましょう。有料老人ホームのチェックポイントは施設内が清潔であるか、設備が充実しているかも欠かさずにみましょう。入居者の雰囲気も楽しく生活しているかどうかも大切ですし、スタッフの対応も大切です。チェック項目のリストを作って持っていき細かくチェックするといいでしょう。体験入居ができますから、見学で候補にあがった老人ホームには体験入居をしてみた方がいいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*